葬儀のマナー。

葬儀にはさまざまなマナーがあります。一般常識としてマナーは覚えておきましょう。
服装・持ち物にもマナーがあります。
遺族や親族など喪主側は正式礼装を着るのが一般的でしたが、近年では男性は略礼装のブラックスーツ・女性は洋装の正式礼装を着られています。参列者も略礼装、準礼装を着られています。急な訃報のときは、カジュアルな服装で大丈夫です。
小物はふくさ(色は紫・緑・藍・グレーなど)、手袋(焼香の際は外すのがマナー)、ハンカチ(色は黒か白。色物のハンカチはダメ。)、傘(黒、紺、グレーなど地味な色)。お香など焚かれるので香りには注意です。また携帯電話などの音にも注意が必要です。
子どもの礼服については、学校の制服が礼服になります。なければ白シャツやブラウスに黒、紺、グレーなどの地味な色のスカートやズボン、ベストやブレザーにします。ボタンは地味な色にし、シャツのボタンはしっかりと上まで止めます。キャラクターが入った服装はやめましょう。髪型はすっきりとまとめ、飾りをつけません。ソックスは黒は白にします。