葬儀での焼香の作法とマナー

葬儀に何度参列してもいつも迷う事として焼香の作法とマナーが挙げられます。焼香の順番が来ると、これで良いのかと少し不安に感じつつ焼香される方が多いのではないでしょうか。
焼香をする場合には、参列者と遺族と僧侶に一礼をし、その後に抹香をつまんで目の高さまで頂いた後、くべると言う動作を3回繰り返し、焼香が終われば、再び遺族と僧侶と参列者に一礼して席に戻ると言う方が一般的です。
この焼香の一連の動きの中で、遺族や僧侶や他の参列者に一礼を行うのはマナーの範疇であり、抹香をつまんでくべる動作は仏教の作法に関する範疇です。
マナーの部分は、多くの参列者の仕草を真似て、正しく行っておられる方が大いにも関わらず、やはり仏教の作法の抹香をくべる動作がどれが正しいのか分からずに少し不安に感じる方が多いのでしょう。
この作法の部分は、宗派によって異なり、各宗派の作法を覚えて焼香する事は難しく、真心がこもっていれば、この作法は自分の宗派の作法で行っても、マナーにはかなっていると言え、余り心配する必要はありません。やはり故人を偲ぶ真心が大切なのです。