お葬式のマナー

家族や身内が亡くなられた時のことを考えて、お葬式のマナーを覚えておくと良いです。葬儀の時に着て行く服装は遺族や親族と参列者で異なります。遺族や親族の方は洋装か和装を着るのが普通です。最近では洋装が一般的になっているので、ここでは洋装について紹介します。
遺族や親族の男性は、洋装なら白無地のシャツ、スーツとネクタイと靴下は黒の物を着ていきます。アクセサリーや腕時計は外すのがマナーです。男性の参列者も遺族や親族の洋装と同じですが、急ぎで駆け付ける時はネクタイと靴下だけ黒い物に履き替えて参列すれば大丈夫です。
遺族や親族の女性は、洋装なら黒のワンピースかアンサンブルスーツでスカート丈は長い物を着ていきます。ストッキングは黒い物を選び、柄入りの物やタイツは避けたほうが良いです。アクセサリーは結婚指輪以外は外しておくと良いです。女性の参列者も遺族や親族の女性と同じ服装を着ると良いです。急ぎで間に合わない時は、地味なアンサンブルスーツやワンピースを着ていきます。
社会人になったらお葬式に着ていけるように洋装を用意しておくと良いです。