お葬式で供花を送る時のマナー

お葬式では弔意の気持ちを表すために、弔問客として呼ばれた人でも供花を送ることができます。葬儀に呼ばれる側の人がお花を送る場合には、マナーを守る必要があります。
基本的にお葬式会場は葬儀業者の担当者がコーディネートします。そのため、勝手にお花を送っても会場に置いてもらえない場合があります。お花を送る場合には、事前に葬儀業者の担当者に相談を行うようにしましょう。
仏式葬であれば白い菊や百合、スプレー菊などが用いられ、造花でも問題ありません。キリスト教葬であれば生花である必要があり、仏教葬のように白い菊の花は用いられません。お葬式ではバラを避けるようにします。花屋に組合わせを任せる場合でも、バラを含めないようにお願いするようにしましょう。
供花の種類やデザインはお葬式の会場や宗教によってかなり異なりますし、葬儀の時間に間に合うように届ける必要があります。お花を送る際は、必ず事前に葬儀社や喪家の関係者と相談をしてから送るようにしましょう。