葬儀にアクセサリーを付けても良いか

冠婚葬祭で大切なことは、マナーを示すということです。特に葬儀の時には、列席してる人の悲しみの感情をかき乱さないようにする必要があります。それで、ふさわしい服装と身なりで列席しましょう。服装は、黒が基本となっています。では、アクセサリー類は付けても構わないのでしょうか?はい、つけても構いません。しかし、髪飾りやバレッタであれば光沢のないものを選びましょう。そして色はやはり黒が望ましいでしょう。イヤリングやピアスさらにはネックレスもつけても構いませんが、やはり目立たないものを選びましょう。ブレスレットや時計も同様です。あまりにも大きすぎるものや目立ちすぎるものは避けるべきです。もし、自分がつける予定のアクセサリーが失礼になるのではないか?という心配や不安があるのであれば、最初からつけて行かないほうが無難です。葬儀は自分が目立つことを優先するのではなく、故人を偲び遺族を慰める大切な時であるということを覚えておきましょう。