葬式の時の女子のストッキング

葬式の時の女子のストッキングは、無地の黒というのは常識です。黒ならばなんでもいいわけではなく、すごいデザインの刺繍が入っていたり、ラメやスパンコールが付いていたら、それはふさわしいものとは言えないです。シンプルな黒のストッキングを選び、ストッキングは伝線していないか、鏡で確認をしたほうがいいです。

これは普段の女子的な足元にも言えることであり、ストッキングは脚を美しく見せますが、伝線しやすいのは難点です。少しひっかかっただけでも伝線しますので、着用時には自分の爪で伝線が起こらないように、まずはここからが勝負です。

ストッキングを着用する機会が多い人であれば、伝線に備えて常に、バッグには1つ替えの新しいストッキングを用意しておいてもいいでしょう。もしくは都心だったら、その辺のコンビニに駆け込んで、伝線に気がついたら1つ購入をして、すぐに履き替えたほうがいいです。自分よりも、周囲の人のほうが、女子の伝線には気がつきます。