葬式のお悔みのタイミング

葬式で遺族に言葉をかける時には、タイミングを選んで伝えるようにしましょう。お悔やみの言葉を告げるには、いつ・どこで・誰に告げるのかによって添え言葉が変わります。
葬儀の受付であればお悔やみの言葉のあとに続けて「ご焼香させて頂きます」「お参りさせていただきます」などの言葉をつけます。
通夜振る舞いに呼ばれて途中退席する時には「おもてなしに預かりました」「今日はこれで失礼いたします」などと伝えればいいです。
都合が合わなくて葬式に出席できなくて、後日遺族の家を訪ねる場合には、一般的なお悔やみの言葉を告げた後に参列できなかったことへのお詫びをします。「あいにく都合がつかなくて、ご葬儀に伺えず失礼いたしました。お許しください」などと伝えた上でその日にお参りさせて欲しいということを告げましょう。
タイミングによって添え言葉は変わるので、その時にふさわしい言葉を選べるようにしましょう。また、遺族が忙しい時は避けて伝えるように配慮しましょう。