葬式のお手伝い役

葬式で役割を任せられるシーンと言えば受付が最初に思い浮かべられますが、お手伝いというのも前もって決めておかなければならない大切な役割です。
しかし、一言でお手伝いとは言っても葬式で行なう事は色々あるのです。
駐車場で誘導する場合は屋外で役割に徹する事になりますし、台所に立つのなら料理の知識も活用しなければなりません。
そして、会計係をやるのならお金を取り扱う知識を持っている必要があるのです。
葬式に行くと、遺族の中の高校生以上の学生が担っている事がありますが、基本的には遺族が雑務をやるのは稀なケースだと考えておきましょう。
基本的には親族が担ったり、近所付き合いが深い時には近所の方々が行なうものです。
特に、地方などは車で訪れる方が大部分なので、全ての係を兼務することは不可能です。
そのため、車の誘導に徹する人は時間まで他の作業に従事することはできないので、最低でも数人の人間を用意しておかなければなりません。