葬式に参列する際は喪服だけでなく小物にも注意しましょう

葬式は、執り行われる形式や宗教により、内容や儀式のマナーが、少しずつ異なります。しかし、参列者の服装については、共通のマナーがあります。弔事に用いる喪服は、一般的に黒色の着物や洋服です。一口に黒色と言っても黒い色なら何でもよいというわけではありません。ツヤや光沢のある黒色は、マナー違反です。光るボタンや、ネクタイピンは避けます。ベルトのバックル部分はは、上着で隠すようにします。女性のサンダルやタイツ、膝より上の丈のスカートや半袖は、マナー違反になりますので、注意しましょう。そして、特に小物のバッグや靴の素材に、注意しましょう。エナメルなどの光る素材はマナー違反です。金具のついたものも避けましょう。昔は皮革も、殺傷をイメージさせることから避ける傾向にありましたが、この風潮は現在は薄れていますので、あまり気にしなくても大丈夫です。また、ショルダーバッグはカジュアル過ぎるため、避けましょう。どうしてもショルダータイプしかない方は、肩からかけずに持ち方を工夫した方が無難です。

その他、急に葬式に行かなくてはならないときに、近くに相談できるお年寄りがいれば、マナーなどわからないことを聞けますが、相談相手のいないときは、インターネット回線で葬式紹介サイトを開いてみるのも、情報量が豊富なので役にたちます。紹介サイトはたくさんありますが、自分の好みのサイトを見つけて活用すれば、知識を得ることができ、葬式のマナーがわからなくて、失敗するリスクが減少します。葬式紹介サイトは、葬式を行う側に立った時にも活用でき、自分の近くの葬儀場を探すことができ、式の流れや式場を借りる費用、火葬料などを調べることができ、各式場別にホームページや電話番号が載っていたりするので問い合わせることもできます。紹介サイトには、各セレモニーホールと提携していて、一括で数件のセレモニーホールの見積もりを取ることもでき、安くてサービスの良い葬祭業者を探すこともできるのです。

<PR> 健康マニアによる無病ライフ / お家の見直ししま専科 / クレジットカードの即日発行じゃけん / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 住宅リフォーム総合情報 / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 内職 アルバイト / 貯蓄 / 心の童話 / 童話 / 初値予想 / オーディオ